×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ戻る  >   戻る

さくら


さくら

ペットの癒し系ペット(げっ歯目・ネズミ科など)は、大きく、ゴールデンとドワーフに分けられます。
ゴールデンは体長約12~15cm、体重約100~120g。
ドワーフは体重約20~40g。
夜間活動する夜行性で、植物性・動物性どちらのえさも食べる雑食性です。
寿命は平均2~3年ですが、7~8年生きた例もあります。
 大きな鳴き声もせず、ゲージをまめにそうじすればにおいもほとんどなく、室内で飼うには苦労が少ないです。
人にも比較的よくなつきます。
しかし、ドワーフは、動きがすばやいので、一緒に遊ぶというよりは、姿や動きを見て楽しむペットでしょう。
動物の習性をよく理解してから飼う動物を決めましよう。
野生では単独生活するゴールデンは、一つのゲージで1匹だけ飼うのが基本です。
ドワーフは野生ではつがいで生活していますが、飼育下では条件が異なり、けんかをすることもあるので、やはり1匹飼いが良いでしょう。
ケルト入のあいだでは勺輔五〇匹から三〇〇匹の牛を所有することは、王侯にふさわしい富とみなされていた。

いっぽう、農民たちは、ずっと少ない家畜しかもたなかったことであろう。

バターやチーズの製造がケルト人の牧畜者によって最初に「発明された」のか、あるいは以前にケルト入の土地を所有していたスカンジナビア人や東欧州の種族が、これらの乳製品の製造について知っていたのかどうかはわからない。

ただし、東洋の牛飼いたちは、バターはともかく、チーズの製造については知っていたと思われる。

バターの脂肪は低温下でだけ固まっているので、亜熱帯の太陽のもとでクリームをかきまわしてバターにすることはむずかしいことであったろう。

書らにアッカド人、アッシリア入、バビロニア人やエジプト入の言葉にはバターを表す単語は見」あたらない。


お好み  TOPへ > 戻る