×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ戻る  >   戻る

さくら


さくら

癒し系ペットはげっ歯目・癒し系ペット亜目・癒し系ペット科の動物。
癒し系ペット科だけでも、世界中に250種類以上いて、大きさや性質もそれぞれ違います。
ペットとしてポピュラーなシマ癒し系ペットは、体長約14センチ、尾の長さ約12cm、体重約100g。
木の実の他にもいろいろなものを食べる雑食性で、寿命は7~8年で、長生きのもので10年という程度です。
 この小型の動物の中では一番野性らしさが残っている動物で、動きはすばやく、性質もデリケートで、なかには手乗りこなる人なつっこいものもいます。
しかし、個体によってはなれにくいものもいる。
基本的には、触ったり、抱いたりするよりも、姿を見て楽しむペットです。
昼間活動して、夜は眠る昼行性です。
つがいで飼うこともできます。
ここの都市の住民たちは皆殺しにされて、その家畜は勝者のものになった。

「これらの町のすべてのぷんどり物と家畜とは、ユダヤの人々が戦利品として取ったが、人はみなつるぎをもって、滅ぼし尽し、息のあるものは、ひとりも残さなかった」(『旧約聖書』「ヨシュア記」一一章一四節) その後の戦いでも、同じように家畜の群れと牧場の略奪が中心になった。

ペルシア人は周辺にあるすべての牧草地を、かれらの帝国に併呑して、民衆から税金として家畜を取り立てた。

ローマ人もまたエトルリア人とまったく同様にふるまい、それはイベリア人やゲルト入へと受けつがれた⑳である。

ゴート人はゲルマン人やケルト入の牛を奪い、のちに古代スカンジナビア人は同じ理由で英入、フランク族やフリースランド人を侵略した。


お好み  TOPへ > 戻る