×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ戻る  >   戻る

さくら


さくら

健康な動物の選び方は、気にいった動物がいても、いきなり触らないこと。
触ると、緊張や興奮で平常時とは状態が変化してしまいます。
まず距離をもって今いる状況の中で全体的に観察しましょう。
他の個体に比べて強そうで、体格のしっかりしたものは健康です。
見るからに元気がないものや、他の個体と違った行動をしているものは、問題がある場合が多いといえます。
比較対象がないときは判断が難しいので、最低数匹の個体を見てから買いましょう。
その後で、選んだ1匹をくわしく観察します。
お店の人に断って、手で触れたり、抱いてみたりしますが、その際は、できるだけ多くチェックしてみることです。
体格のしつかりした、元気のいい動物を選ぼう。
ただし、癒し系ペットをオスとメスのつがいで飼うときは一緒のケ-ジにしてかまいません。
手を近づけたとき嗚いたりしない個体のほうが、性格的には飼いやすいです。
単に元気がないだけという場合もあるので、その辺の判断は難しいですね。
一度見ただけでは買わないことで、衝動買いをしないほうがいいというのはそのためです。
飼いたい動物については、複数の店や動物園などで、多くの個体を見て、その動物を見る目を養ってから選ぶのが良いのです。
癒し系ペットの場合、小さな水槽を持参するという手も。
お店の人に断って許可してもらえたら、選んだ個体をそこに入れて見るとくわしく観察できるでしょう。
敗者は動物たちをアッシリアに連れてこなければならなかった。

そこで動物たちはあたらしい所有者に保護された。

エジプトに移住し、ナイル川の三角州地帯の肥沃な東部に定住したユダヤ入は、四三〇年間に人口がいちじるしく増加した。

かれらは、家畜の大群を所有していた。

たぶんエジプト人は、これらの「外国人」がファラオ室ジプト王]に支払う税金だけではけっして満足しなかったことであろう。

エジプト入の人口もまた増加したので、かれらはユダヤ入の豊かな家畜の群れをほしがった。

その結果は、ユダヤの人ぴとの出国につながるのである。

「さて、ユダヤの人々はラメセスを出立してスコテに向かった。

女と子供を除いて徒歩の男子は約六十万人であった。

また多くの入り混じった群衆および羊、牛など非常に多くの家畜も彼らと共に上った」(『旧約聖書』「出エジプト記」一二章三七ー三八節) かれらの家蓄の群れは他国の牧草地で草を食まなければならなかったので、まず最初にアマレク入[シリアの略奪的遊牧種族]との衝突がおこった。


お好み  TOPへ > 戻る