×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ戻る  >   戻る

さくら


さくら

牛の取り引きは、在俗聖職者の地位にある地主や、ぬげめのない商人たちによって独占され、安く買いたたいた動物をほかのところで高く売りさはき、莫大な利益を得ていた。

やがてカロリング朝時代に、これらの悪行は取り締まられることとなった。

カール大帝[七四ニー八一四年]時代に、ふつうの大きさの雄牛一匹の価格は約二〇ソリドゥスフリドゥスはコンスタンチン大帝が発行した・ーマの金貨]と決められた。

一ソリドゥス、または一シリング銀貨の購買力は約五ポンドであった。

その相対価値、たとえばギリシアのドラクマ銀貨、ローマのデナリウス銀貨、カロリング朝のソリドゥスやケルンのペニッヒ銅貨などは、一つの標準価格として、一匹の雄牛やそのほかの家畜と対照することによって、きわめて簡単に計算し、かつ現代の貨幣価 値に換算することができる。


お好み  TOPへ > 戻る