×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ戻る  >   戻る

さくら


さくら

平民には穀物だけではなく、闘技場で殺された動物の肉が無料で支給された。

さらに、カルタゴ人からの賠償として北アフリカから何千匹ものヒツジが輸入されたので、羊肉の価格は非常に安くなった。

いっぽう、牛肉は自分で牧場か、またはよい「コネ」をもたない者には、手に入れられないものとなった。

いなか 田舎の入たちは、ほかの地区の人びとほど肉を食べなかった。

小作人の所有している食肉用動物は、すべて借地料の支払いに当てられるのがふつうであった。

小作人は白分たちの生産物を自由に販売することは許されていなかった。

ひき割り穀物に一きれの牛肉のかたい脂身や羊肉の脂肪を加えたもの、またはこれらをカブといっしょにオートミルに混ぜた料理が、ゆたかな献立とみなされていた。

この状態は、中世のあいだじゅうほとんど変わらなかった。


お好み  TOPへ > 戻る