×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ戻る  >   戻る

さくら


さくら


飼い主が奴を部屋の外へ出さなきゃいかんなと言うとペットは諦めて面白くもなさそうに立ち上がる事だろう。
飼い主が連れていくつもりはないねといおうものなら期待に溢れて直立していた耳は悲しげにだらりと下がる。
それでも彼の目は希望に満ちて飼い主にしっかりと注がれている。
家におい得ことにするよという最後の宣告でペットは過ごす語と引き下がり再びごろりと横になる。
実験室の人工的な条件のもとで同じような結果を得るためにどんなに複雑な実験方法とどれほど厄介な訓練が必要であるかを想像してみるとよい。
不幸にして飼い主は大型の類人猿と本当の友情を結ぶ経験を持たなかった。
しかしそれをやってのけ数年に渡って続く極めて密接な社会的な交わりが人と類人猿の間に可能であることを示してくれた。

お好み  TOPへ > 戻る