×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ戻る  >   戻る

さくら


さくら

ケージの置き場所 は、癒し系ペットにとってケージの置き場所はとても大切な事です。
うるさい所やゆれて不安定な所はもちろんダメです。
静かな安定したところに置きましょう。
野生の癒し系ペットは砂漠に住んでいます。
なので湿気が苦手です。
風通しの良い場所を選びましょう。
極端に寒いのも暑いのもダメなので、温度の調節が出来る部屋、エアコンのある部屋が望ましい。
ただしエアコンの風が直接当たらないようにしましょう。
ケージは床から1メートル位の高さがに置くのが良いでしょう。
床に近いと寒いし、あまり高い場所だと暖かかったりします。

街から遠く離れた港では、牛、ヒツジ、豚やヤギを飼っており、 一七-一八世紀の航海の「ビタミン補給所」となった。

オーストラリアの最初の植民地は、船に家畜を供給するだけの目的で設けられた。

けれども、何十年かたつとオーストラリアのヒツジや牛の牧場は白国の消費用にも供給できるほどになった。

こんにちのオーストラリアは、牛肉や羊肉を世界中の多くの国に輸出している。


お好み  TOPへ > 戻る