×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ戻る  >   戻る

さくら


さくら

一匹で飼うのは、一匹では寂しいだろうと、同じケージにいきなり複数で飼うのは良くありません。
逆にケンカしたりとストレスの原因にもなります。
複数で飼うには条件があるのでそれらを理解してから飼う様にしましょう。
また初心者は一匹から始めることをオススメします。
癒し系ペットは一匹でも生きていける動物なので、無理に複数で飼う必要はありません。

現在のアルゼンチンは、欧州諸国がもっているのと同じ広さの牧場を保有している。

そして、こんにちの欧州諸国が飼っている牛の数は、ローマ帝国全盛時代の全欧州の牛の数よりも多い。

また、テキサス州だけで、中世のあいだアフリカ全土、欧州の地中海沿岸の諸国やアジアにいた匹数よりも多くの牛を飼っている。

世界の牛の数(家畜スイギュウを除く)は八億匹と推定されており、その三〇パーセントは米大陸の「牛の国」で飼われている。

米合衆国 九五〇〇万匹 ブラジル 六〇〇〇万匹 ァルゼンチン 四五〇〇万匹 コロンビア 一五〇〇万匹 メキシコ 一五〇〇万匹 カナダ 一二〇〇万匹 一億六〇〇〇万匹の牛を保有するインドだけが、米合衆国をしのいでいる。

欧州ではロシアが一番で、約七〇〇〇万匹の大部分をアジア寄りの地域で銅っている。

ドイツ連邦共和国[東ドイッ]は約一七〇〇万匹を保有し、 欧州で第三位にランクされる(第二位は仏)。

南米の牛肉は冷凍され、専用の冷凍船で世界中の多くの工業国に輸出されている。


お好み  TOPへ > 戻る