×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ戻る  >   戻る

さくら


さくら

赤い目をした癒し系ペットとぱつちり黒目の癒し系ペット。
 ウン十年前に小学校を卒業した方ならば、癒し系ペットといえば目が赤い、というのが当たり前だったはずです。
しかし、最近は目の黒い、ぱっちり目の癒し系ペットのほうが多いですよね。
 目が赤いのはアルビノといって、体のメラニンを作る細胞が働かなくなってしまう突然変異。
黒目の所の色素がないので血管が透けているのです。
アルビノは、アルビノ同士で結婚しないとアルビノの子は産まれません。
昔は、一番多かったのが白色日本種というアルビノの品種だったために、みんな目が赤かったというわけです。

暮れにペット用品を愛用し始めました。

それにしてもペット用品の効果に驚いております。
未だ9ケ月の柴わんこですが、ペット用品のお陰で お布団を作れそうです(笑)。

特に後ろ脚の付け根辺りが、「ごっそり」と言う感じ。

公園散歩時に自慢げに皆さんに見せております。

いずれお山にワンと一緒に登りたいと思って毎日世話するのが 一層楽しくなりました。

昨日、ペット用品到着しました。
使用効果抜群です。
「ごっそり」と言う感じです。

今、ほとんど抜け替わりのピークを過ぎ、 終了間際期間です。

で、ペット用品はスカスカながらも抜けてくる毛がまだあるので、
正しくない使用方法ですが、毛並みに逆らってつかってみると、
これがまた、残っていたアンダーの細い毛がよく取れて感動ものでした。

柴がこんなに毛がぬけるとは知りませんでした。
ポメを飼っていた時は父親が面倒みてたし。

春がちょっと怖いです。秋より抜けるんですよね。


お好み  TOPへ > 戻る