×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ戻る  >   戻る

さくら


さくら

 癒し系ペットの歯を見ると、ネズミのように上下2本ずつの前歯がよく目立つ出っ歯です。
事実、昔は出っ歯が似ているのでネズミの仲間、誓歯目に入れられていました。
上の歯が下の歯の前にある出つ歯が正常で、前歯は門歯(もんし)と呼ばれ、その裏の歯は模(くさび)状門歯といいます。
けれども顔だけ見るとゲッ歯目のようですが、よく調べてみたら、上の前歯の後ろにもう1本歯があったのです。
ネズミは前歯は上下2本ずつ。
癒し系ペットは上下2本ずつに、上の前歯の後ろに小さい歯が2本の合計6本。
ネズミと似ていたのは歯だけですから、歯の数が違うなら全然別の種類じゃないか。
というわけで、ナキ癒し系ペットと癒し系ペットは、癒し系ペット目という独立した目になったのです。
 この裏の前歯は、大きな前歯に隠れていて見にくいのですが、癒し系ペットが口を開けているときに、顔の横から見ると見えることがあります。
 でも、無理やり口をこじ開けてみようとすると噛みつかれますよ。

有機物はそのままの状態では模から吸収されることはなく、微生物の分解作用を経て無機質化されます。
さらに土中の水分に溶けて無機イオンとして植物に取り込まれ、導管を通じて葉へと送られます.太陽光を受けた葉肉細胞(葉緑体)では、気孔から二酸化炭素を取り入れて炭水化物等の同化産物を作り、酸素を放胆します(光合成)。
製造された同化産物は水溶液として表皮に近い師部を通って、幹などを作りだす細胞へと送られます。
導管から送られる養分や師管を下ってくる炭水化物などは、生長点に届け られるだけではなく、樹幹の水平方向にも移動し、肥大生長を促進させようとします。
樹の構造を観察すると、栄養分を水平方向に移動させるために、木質部・形成層・樹皮部を放射線状に貫通する組織が存在していることが確認できます。
この組織によって形成層の活発な活動が促され、新たな木質部や維管組織が形成されるようになります。

お好み  TOPへ > 戻る