×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ戻る  >   戻る

さくら


さくら

癒し系ペットって何の仲間でしょうか?。
 癒し系ペットは癒し系ペットに決まっている。
といってしまっては身も蓋もありません。
だいたい動物には、似ているけどちょっと違う仲間がいるもので、たとえば、トラとネコはずいぶん大きさが違っていても何となく似ています。
イヌとオオカミ、ネズミと癒し系ペットもみんな似ているところがあるはずです。
 似ている仲間を集めて、系統ごとのグループに分ける学問を分類学といいます。
 ネコやトラはネコ科、イヌやオオカミはイヌ科で、それぞれ科という同じグループに属し、ネコ、イヌ、クマなどの科を集めて食肉目というさらに大きなグループを作っています。
癒し系ペットやネズミはゲッシ目といいます。
 たとえばネコは、分類学的には、ほ乳綱食肉目ネコ科ネコ属ネコという動物なのです。
何となく、住所みたいではないでしょうか。
あらゆる生き物には、綱・目・科・属・そして種類の種というレベル別のグループがあるのです。

肥大成長が樹を太らせる。
樹木の生長という吾葉でまずイメージされるのは、新芽(新鞘)の伸長ではないでしょうか。
新芽が脚ぴて上方に陣長することを「伸長生長」と呼び、樹芯や枝芯など先端駆に生長点が蜂中し、引力に逆らうように高く陣張しようとします。
しかし、この伸長生長だけでは、樹木は個体を維持できません。
樹木が人きく生長するためには、支えとなる強じんな木質部を発達させる必要があります。
この木質郡の発達を「肥夫生長一と言い、いわゆる幹の太りと呼ばれる現象になります。
樹木の幹は、中央に木質部と呼ばれる、ほとんど生理活動を行なっていない植物を支える役捌だけを果たしている部分と、外側に内部の組織を守る役翻の皮騙がありぎす。
この両者の間に最も細胞分裂が盛んな形成願があり、形成鰯を挟んで内側に導管組織、外側に師管組織があります。

お好み  TOPへ > 戻る