×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ戻る  >   戻る

さくら


さくら

癒し系ペットのトンネルでの暮らしぶりアナ癒し系ペットの名が示すように、野生のアナ癒し系ペットは長いトンネルを掘って生活しています。
アナ癒し系ペットは群れで生活するため、一つの巣穴は何匹もの個体が、何世代にも渡って掘り進めたものです。
そのため複雑に入り組んでいて、時には100mを越す長さにもなります。
入り口も一個所ではなくて、あちこちにたくさん開いていますから、イタチなどに襲われたら、別の出口から逃げ出すのです。
 このトンネルは、「ワレン」と呼ばれています。

盆栽は無肥料で清潔な用土を使用し、2~4年は同じ鉢・用土で植え替えせずに培養します。
同じ条件下で数年にわたって培養するために、用土内に肥料を混ぜる「元肥」方式は、盆栽にはあまり適していないと言えます。
また、盆栽は単年の培養で成果を出して楽しむものではなく、数年・十数年の単位で長期的な展望に応じて樹づくりを進めていくものです。
従って、速効性ですぐに肥培効果を望むものよりも、緩効性で長くゆるやかに肥培を効かせるタイプの方が培養には向いています。
油かす玉肥が広く盆栽愛好家に使われるのはこうした理由があるからで、肥培のべースは玉肥を使い、樹勢回復や花・実を楽しむといった目的に応じて化学肥料を補助的に用いるという使い分けが一般的です。

お好み  TOPへ > 戻る