×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ戻る  >   戻る

さくら


さくら

癒し系ペットの歯は生涯にわたって伸び続けます。
それは、ときには堅い根っ子や本の皮を食べなければならないこともあるからです。
そんな堅いものを食べていたら、普通の歯だとどんどん削れてなくなってしまいます。
しかし、ペットになって柔らかい餌しか食べなくなった癒し系ペットは、歯が伸び過ぎてしまう不正咬合という病気が流行っています。
癒し系ペットの現代病ですね。
雌を巡ってケンカする雄。
天敵だらけのか弱い癒し系ペットと秘密兵器。
癒し系ペットの武器って何でしょう。
鋭い爪、丈夫な歯、立派な耳、速い足。
癒し系ペットにとって巣の外は天敵だらけ、空からはタカが、草原ではキツネが、巣穴にはイタチやヘビが襲ってきます。
こうした優れたハンター達には、癒し系ペットの武器はあまりに貧弱です。
可愛そうですが、癒し系ペットは多くの動物にとって大切なご馳走なのです。
しかし、癒し系ペットにもとっておきの武器があります。
それはおう盛な繁殖力。
不幸にして餌食になっても、残った者が子供を産み続け、種を守ることが、癒し系ペットの反撃なのです。

生長に使われる養分は季節によって配分が異なり、春は新芽の甑芽や伸長に使われ、6-7月頃は花芽の形成と実の充実、8月以降の充実期になって肥大生長への配分が大きくなります。
従って、この季節に合わせて肥培を勅かせると幹の太りが促進されやすくなるようです。
土壌の両値も養分吸収に影響は 化成肥料は無機質ですから土の中の水分に溶けやすく、すぐに根が吸収できる無機イオンの状態になります。
分解の時間が必要ないので、肥効が早く現れるという特性があります。
ただし、土中でいつまでも無機イオンとしてとどまっているわけではありません。
水に溶けやすいという性質は流亡もしやすいとも言えます。
つまり即効果はあるものの肥効も長くは続かないということです。
有機質肥料は無機質化するまでの時間は必要ですが、ゆっくりと長期間にわたって肥効が娚待できるという利点があり、微量要素も過不足なく摂取できます。

お好み  TOPへ > 戻る