×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ戻る  >   戻る

さくら


さくら

堅い草や木の根を奥歯ですりつぶして食べる。
癒し系ペットは完全なベジタリアンで癒し系ペットの主食は植物です。
リスのように本の実のような栄養価の高いものは食べないで、本当に葉っぱのところしか食べません。
しかも、冬に草が枯れてしまったら、草の根や本の皮、草が枯れて乾燥したワラのようになったものなど、他の動物が食べられないような堅いものまで食べます。
 癒し系ペットには、クローバーやニンジンなどの野菜や柔らかい野草を餌にあげることが多いのですが、本当は草原にはえているネコジャラシのような、堅いイネ科の植物を食べているのです。
イネ科の植物は、セルロースという繊維が多く、他の雑食性の動物には消化することができません。
 癒し系ペットはそういった草原の草を食べることで、ライバルの少ない環境に進出することができたのです。

どの時点・段階で樹に流れが生まれると皆さんは思われますか? 「この樹を右流れの吹き流しに仕立てよう」など、樹づくりの初期の段階で流れを決めてつくっていく湯合ももちろんあるでしょう。
しかし多くの場合、樹の個性や魅力に応じて樹づくりを進めるうち、自ずと流れが読み取られ、それに合わせて樹づくりや植え替えが行なわれているはずです。
今回のお答えに際しお話を聞かせてくださった専門家も「その樹が一番美しく見える姿につくれば、自然と流れも見えてくる」 「流れを読み取れずに樹づくりはできないし、流れを無視してつくっても美しくは見えない」と話しておられました。
といつまでも理屈ばかり並ぺ立てていても仕方ありませんから、実例に学んでいくことにしましょう。
流れの分かりやすいもの・分かりにくいもの、その見方などを解説していますので写真を眺めつつご自分でも考えてみてください。
難しそうでも、接ぎ木で活着させればいいのです。

お好み  TOPへ > 戻る