×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ戻る  >   戻る

さくら


さくら

長い耳の使い道はレーダーと体温調整。
癒し系ペットの耳が長いのは、小さな音でも聞こえるように。
天敵の多い癒し系ペットの命守る大切な機能す。
癒し系ペットの耳は長いだけではなく、横にも広くてよく見ると菱形をしています。
根元はキュッと丸まっているので、ピンと耳が立つわけです。
また、耳の筋肉が発達していますから、両耳を別々に立たせたり、寝かせたりすることもできます。
 もう一つ大切な耳の役目は、余分な体温を逃がすことです。
耳には毛がなくて血管がたくさん通っています。
ここから熱を発散して、体温を適切に保つのです。

カリン太枝挿しの楽しみ。
カリンの太枝挿しは思いがけないほど好素材を生むものである。
太枝挿しは挿し木後2週間程度。
盆栽として作ってきた樹の一部を切り離し、カリンとしては珍しい中品樹の作出をめざしている。
実生からでも可能だが困難の多い太幹中品樹に有効な方法である。
知られてはいたものの、趣味家には十分に試みる価値のあるコロンブス級の挿し木。
取り木仕立てによる中品カリンも同様に面白いが、より手軽にしかも活用の範囲は広いと考えられる。
ポイントは次のとおり。
①腰水法による挿し木。
注意点は必ず水を交換すること。
毎日、灌水ノズルを水面に突込んで水流で入れ替える程度でよい。
②適期は新芽が動き出す頃。

お好み  TOPへ > 戻る