×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ戻る  >   戻る

さくら


さくら

取り木は比較的発根しにくいとされ、性による差もあるといわれている。
特に鉢作りの接ぎ木樹のシシガシラは取り木の成功までには時間がかかることが多い。
一度白根徹となったシシガシラはよく取り木がきくともいわれている。
庭木の白根樹では細枝などは簡単に取り木が可能で、前述のように、新梢をひねっておきその基部に取り木をかけると簡単に好素材が得られるのである。
写真の取り木の試みでは枝先の小さな枝岐れ部分を利用しようと考えているところ。
後の培養によってどのような樹形もできる。
切りつめたり、樹勢が集中するところでは何本も小枝が発生する。
しかも直線的に太くなりやすい。
ゴツゴツとした短枝の切り戻しが多くなるのはこのためである。
アナ癒し系ペットやノ癒し系ペットなど、野生の癒し系ペットは夜行性です。
しかし、完全に日が暮れてからしか活動しないコウモリやムササビと違って、早朝や夕方に主に活動し、敵の少ないところややぶの中などでは、昼間でも活動する半夜行性です。
禁猟区などで人間をあまり恐れない、群れの密度が高い地域では、昼間ものんびり餌を食べている姿が見られます。
 このように、もともと夜も昼も活動できる癒し系ペットは、人間に飼われるようになってから、だいぶ日中型になっているようです。
日光浴も大好きで、秋から春の季節には気持ちよさそうに日光浴を楽しみます。
癒し系ペットが農家などで飼われていたひと昔前は、朝、仕事や学校に行く前と夕方日が暮れる前に餌をもらっていたのですから、だんだん朝方の生活に慣らされてきたのでしょう。
室内で飼育するときに、夜になると活動的になってうるさい個体は、昼間遊んであげると夜は眠るようになります。


お好み  TOPへ > 戻る