×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ戻る  >   戻る

さくら


さくら

日本へ渡ってきたのは、1939年頃で最初は歯の研究に使われたそうです。
今では人気のペットとして癒し系ペットは広く知られる事となりました。
癒し系ペットはペットとして人気者ですが、最初は実験動物として利用されていました。
理由は繁殖しやすく飼育しやすいという事でした。
それに当てはまるゴールデン癒し系ペットが多く利用されたそうで。
今でもゴールデン癒し系ペットやチャイニーズ癒し系ペットは虫歯の治療や様々な病気の治療のための実験に使われています。
ペット以外にも人々の近くにいてそして役立ってもらっている癒し系ペット達に感謝しながら、ペットとしての癒し系ペットを可愛がりましょう。

荒皮モミジはヤマモミジと同様太りやすく培養を経て骨格作りして仕立てていくことが面白い。
幹の荒れは下から進み、枝基から先端に向って樹皮が細く割れていく。
若枝は通常のモミジのように青いが、数年もすると白く樹皮がへばりつくように残り、その部分から荒れてくる。
細く亀甲性のように幹筋だけでなく横にも割れ、荒れ肌になるまではさほど長い年月は必要ない。
ヤマモミジの白い縦縞の入った古幹とはまったく別の印象で松のような樹皮である。
この荒れるような幹肌はモミジだけでなく多くの樹種にあり、現在でもイボタ、カマツカ、ガマズミ、メギなど比較的早くから老樹の感じを出す個体が作られている。
荒皮モミジはヤマモミジの良性タイプ(葉が小さく枝岐れしやすい等)に比べると枝付きは荒い。
細い枝でも荒れてくるため、その部分からは新芽が吹きにくく枝伸びしやすい。
青い樹皮の時代にはよく発芽し、取り木も容易なほどだが荒れが深くなると切りつめても目的の部分から新芽は吹きにくい。
このあたりはヤマモミジの作りとは違っている。

お好み  to Top > 戻る