×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ戻る  >   戻る

さくら


さくら

美しいように枝を引いて(針金をかけて伏せ気味に伸ばす)おく。
針金をかける前に、トショウは切り込んだら枝基などの不安な小さな芽(既に小枝になっている)をピンセットで取る。
小さな枝がたくさん出ているから、徹底して取っておきたい。
切り込み後、よく日光が当るようになると、今まで日陰だったそうした小枝から一勢に芽が吹き、めんどうである。
そこで切り込んだら掃除するように小芽(小枝)を除く。
次に針金をかける。
針金かけは前述の構想どおり。
他にも樹形はあると思われるが、一応写真のような作業となった次第。
針金をかけた後、飛び出した新芽部分を摘んでおきたい。
芽摘みであるが、こうしておくとよく芽が吹いてくる。
トショウの芽は針葉の基にある。
3枚の針葉なら3つ、4枚のグルリと付く針葉なら4つ芽が当ることもある。
樹勢があると、これらが一勢に吹いてくる。
不要な芽は若いうちにピンセットで摘むが、ある程度伸ばしてから切り取ってもよい。
樹勢をつけることが第1のポイントである。
臭覚は、目とは違いは編むスターの鼻はよく利きます。
視力が弱い分鼻はとても発達しています。
においで、相手を判断したり、特にメスはオスのにおいで、オスを選ぶようです。
癒し系ペットが異性を引き付けるフェロモンは鼻よりもヤコブソン器官というところで感じます。
聴力は、耳も目とは違いとても能力が高いです。
人間では聞き取れない超音波や高周波の音も聞き分けることが出来ます。
癒し系ペットがピンと耳を立ててキョロキョロしてる時は何かを聞いてるのかもしれませんね。
人間が聞こえる音の範囲は約20~2万ヘルツなのですが、癒し系ペットはそれ以上の高周波も聞き分けることが出来ます。
野生の癒し系ペット同士では超音波を出し合って情報交換するようです。

お好み  to Top > 戻る