×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ戻る  >   戻る

さくら


さくら

痛みの感覚は、癒し系ペットは痛みに対して鈍いようです。
怪我や骨折をしていても、平気な顔して活動してえたりします。
人間やほかの動物に比べて痛みの感覚が良くないようです。
癒し系ペット自身は怪我してても平気そうにしてるので、飼い主が気をつけてあげないといけませんね。
体内の痛みは表面上よりも感じるらしく、お腹や内臓が痛いときは苦しそうにしています。
どちらにせよ、飼い主が気をつけて観察しないといけないですね。

幹となる筍の出る見込みの芽をもった鞭根を掘リとって来て(2月下旬ー3月上旬)、筍から幹となって竹林となる位置を想定して、鉢に根を伏せこむのである。
言ってしまえぱ、そう言うことであるが、実際には容易なことではないと思われる。
はたして、筍は予定通りに出てくれるだろうか、それが仮りに出たとしても、大小長短 の調整や皮の剥す技術(加減)によって伸び方も太り方も変わってくる。
その辺の呼吸は、常入のおよび難い所なのであるが、苦労に苦労を重ね仮に納得の行くものができあがったとして、世間は容易に評価してくれない。
つまり、高価に買い求めてくれる者が、必ずいると言う保証はない。
褒めては貰えるが、金にならぬと言うことで、あまり竹作りに情熱を傾ける人は多くない。
苦心して作ったものの、その寿命は10年くらいとも言われ、他の樹種のように時代がの って気品が出る、と言うものではなく、毎年少しずつは出てくる筍も頼りになる良いものは、周辺部に多く、重要な内部には生えず、次第に形の崩れてゆくことにはいかんともし難い状態である。
以上のように、盆栽の常識とかけ離れた面を多分に持っている。

お好み  to Top > 戻る