×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ戻る  >   戻る

さくら


さくら

肛門と外陰部の距離は、雄雌の誤解を招きやすい。
癒し系ペットは外陰部(性器)が目立たない動物で、ベットショップでも雌雄の間違えが起こることがあります。
癒し系ペットの雄雌の見分け方の一つに、肛門と外陰部の距離が長いのが雄、短いのが雌という説があります。
ところが、これが間違いのもと。
確かに距離は違うのですが、癒し系ペットは、他の動物に比べて雌雄の差がわずかなのです。
でも、癒し系ペットも大人になると、雄の畢丸が発達して体の外に出てきます。
毛が生えていないピンクのいわゆる。
キンタマですから、それで見分けることもできます。
でも、コウ丸は、怖いときにはキュッと体に密着させてしまうことがあるので、それが縮んだのか、または周りの毛が薄い雌の性器なのか、始めて見る人は迷うかも知れません。
また、ペットショップにいるI~2ヵ月の子癒し系ペットは、翠丸がまだ体の中にあるので、外からではわからないのです。

荒木には、夢があります。
今、人に見向きされなくても、10年たち観賞にたえられるような樹となり、また20年後には国風展や大きな展示会に飾れるような名品になるかもしれません。
ただし、荒木を前にしたとき、あなたは樹に対してかなりの責任をもつことになります。
将来の名品となるか、あるいはしようもない樹となるか、それを決定する第一歩となるからです。
荒木だから、気持ちを楽にして白在に取り組むのも結構ですが、将来、少なくとも10年後のある程度の予想図を描きながら、取り組む姿勢が必要です。
その将来の夢を見て樹をつくる、盆栽をする大きな喜びでしょう。
まず、ミドリ摘みの作業から説明しましょう。
5月に入るとローソク芽が長く伸びてきます。
樹冠部などとくに大きく伸びて、日陰になってしまうフトコロ枝の芽は、弱くなります。
このまま放っておくとさらに芽の強弱が拡大されてしまいます。
とくに荒木の場合は、樹勢が均一化されていませんから、さらに芽の強弱が拡大されます。
そこで5月の葉の開かない時期にローソク芽を半分ほど折りとってやれば、芽元の力を均一化させることができます。
そして、この後、6月20日~7月10日の間に芽切り作業を行います。

お好み  to Top > 戻る