×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ戻る  >   戻る

さくら


さくら

適当でし,㊤う。
また、どうしても春にできなかった方は、8月下旬ー9月上旬の期間ならば、植え替えが可能です。
施肥は12月中旬ー2月下旬までの冬の間はやりません。
そして、2月下旬から油カスの玉肥を芽切りの直前まで与えます。
芽切り後は、r月下旬まで休み、それから12月中旬まで、また与えるようにしまし。
串う。

次に水やり3年の究極の盆栽道。
冬の間は控めにするものの、4月ー6月いっぱいの芽切り直前まで、たっぶり与えるようにしてください。
それから8月中旬までの間は、暑い時ですが、少し控えめにします。
というのは、芽切り後は一時的に用土の乾きが悪くなるからです。
風通しの良いところを選び、用土が乾くように注意してやりましょう。
ただ、控えるといっても、カラカラに乾かすという意味ではありませんから、くれぐれもこ注音岨を。
8月中旬以降から10月いっぱいまでは、またタップリと水やりをするようにします。
そして4月から10月までのこの時期の水やりは、樹の頭から、水をかけるようにします。
これほ、暑い時に発生する葉ダニなど病虫害を防ぐ効果がありますからぜひ実行すべきです。


お好み  to Top > 戻る