×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ戻る  >   戻る

さくら


さくら

ここでいう半完成木とは、5年の歳月を経て、ほぼ完成木に至る樹をさします。
ここで写真で紹介している樹は、山採りで40年ほどたっている樹です。
まず幹を太らせたいために、ギセイ枝とまでは行きませんが、樹芯部の強い芽を残すことにしました。
そして、すでに葉ぬきをしてあったので、他の枝については芽切りを行います。
こんな状態の樹が半完成木です。
完成木が樹形の維持、荒木が樹形づくりの第一歩とすれば、半完成木は、作り手の技術がためされる樹といっていいでしょう。
名木になるかとんでもない樹になるか、作り手のテクニックが表われてきます。
ある意味では、一番恐ろしい樹かも知れません。


お好み  to Top > 戻る