×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ戻る  >   戻る

ごんた


ごんた

花を見るには枝を伸せば必ず花が付く。
切り詰めの枝も6月中旬あたりまでなら、再び伸びた枝に花がくる。
しかし、夏ごろまで徹底して切り返すと、花は見られないことになる。
実際にやってみると、花を付けた枝は小品ではかなり伸びすぎになる。
そこで伸ばす枝は曲付けして、樹作りにあて、花を見てからまた切り詰めるなどの方法が良いだろう。
夏過ぎても切り返しの芽は吹くが、枝は細くなり、冬に枯れやすい。
繊細な枝が作れるが、枝自体は弱る。
そこでサルスベリの花が自然状態で咲いているころまで、つまり夏ごろまでで切り込みは止めておきたい。
太い直線的な枝は残るが、春にまた、切り返して形作りをすれば良いのである。
サルスベリは伸びた新梢の先端から樹形の作りの基本についで 鉢植えに興味を持つ方なら、誰もが自分の気に入った樹形に作りたい、という希望と理念を持っています。
ところが実際に自分のボンサイや苗木に向き合うと、たいていの方は途方に暮れることが多いようです。
理由は「どこをどう剪定したらよいか分からない」ことと、「剪定することの難しさ」にあります。
つまり切ってしまって後悔するより、切らないほうが安全ということで、結局のところ先輩や業者に持ち込むことになるわけです。
この項では、それらの悩みについて解説したいと思います。
正面を決める。


お好み  TOPへ > 戻る