×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ戻る  >   戻る

ごんた


ごんた

臭腺は、臭腺とは癒し系ペットのにおいを分泌する器官の事です。
癒し系ペットは視力が良くないので、仲間に自分の存在をアピールする時、自分のなわばりを示す時、繁殖期の時の異性を引き付けるフェロモンを出す時に使われます。
食フンは、癒し系ペットは時々自分のフンを食べることがあります。
これは「食フン行動」と言われています。
癒し系ペットの盲腸にいる細菌の力で、食物繊維を炭水化物に変化させるのですが、盲腸では炭水化物が吸収されないため、癒し系ペットはもう一度口からフンを食べ炭水化物を胃で吸収します。
どうやって癒し系ペットはその事を知ったのかは判りませんが、自然に必要だと知ってるのかもしれませんね。
ですので
ボンサイが人間や動物と根本的に違うところは、「顔」がないことです。
顔がないということは、前後の区別が分からないことになります。
言い換えれば、ボンサイの正面は作者の都合によって決められることになりますが、これは正解ではありません。
ボンサイにも裏になる部分と、表になる部分が立派にあるのです。
ポイントは根元の立ち上がりにあります。
その最大の理由は「ボンサイの途中から上の部分は、技巧によっていかようにも変えられるが、根元だけはどんな技巧を使っても変えられない」ためです口たとえば強力なテコや太い針金を使えば、相当太い幹でも矯正できますが、根元だけはテコも針金も効きません。
根張りも変えられませんが、発根しやすいものは水苔を巻いたり、深く樋えたりすればある程度は矯正できます。
発根し難いものは「根接ぎ」をして根張りをよくするわけです。

お好み  TOPへ > 戻る