×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

pTOPへ戻る  >   戻る

ごんた


ごんた

とくに小品鉢植えにおいては、「絵に書いたような校順」は不可能です。
タブーとさ札ている「カンヌキ枝」も、小品の場合は狡の太さが同じでなければ」全駆取らなぐてもよいのです。
頂部は強くなりやずく、下枝は弱い木は、サツキ類を除いてド枝が弱く、頂部は強くなる性質があります。
とくに松類やケヤキのように、大木になりやすいものにこの傾向が強い。
これも「お叱り」を受けそうですが、鉢植え専門誌にはさまざまな樹形のイラストが載っています。
イラストレーターかイラストの依頼者、あるいはその双方に起因すると恩われますが、失礼ながら自然界と遊離する樹形に見えて仕方ありません。
どいうのば、このものは頂部が異様に強すぎます。
頂部が強いということは、生長途丘の「若木」だけで、占木や老木の頂部はスケスケになっているのが自然界の姿です。
つまり、せっかく苦労して古木に作ったつもりが、逆に若木に逆戻りしていることになります。
以前に国風展の苦言を呈していた高名な方がおりました。
この方の趣旨は、「棋元や幹模様は、占木の相があってよいが、頭は若木」というもので、筆者も同感です。
視力は、癒し系ペットの目は悪く、いわゆる近眼です。
鼻や耳に比べるととても能力が低くなっています。
人間のように立体的に物を識別する力もほとんどありません。
しかし、暗いところで活動するのは得意です。
癒し系ペットは夜行性なので、暗くても良く見えます。
癒し系ペットの網膜の細胞は明るさを感じる細胞が多いので良く見えるようです。
癒し系ペットは色を識別するのが苦手なようです。
白と黒と2色ぐらいしか見えていないといわれています。

お好み  TOPへ > 戻る