×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ戻る  >   戻る

ごんた


ごんた


ボンサイの正面を決めるにはなにを基準にするのか、について解説します。
写真でご覧のように、ボンサイの素材や種木の根元には真っ直ぐなものや、曲がったもの、出っ張ったもの、シャクレたものなど、さまざまな形があります。
このなかから正面と褒面を決めることになりますが、ポイントになるのは次の言葉です。
「ボンサイも人間も礼節をわきまえた形が好ましく、美しい」。
反肘に「ふんぞり返った態度は、人間も鉢植えも醜く、反感をもたれる」。
たとえば初対面の者同士が挨拶するとき、相手に威圧感を争えたり、微慢な態度をとれば誰からも嫌われます。
あまりに懲惣にされるのも困りますが、少し前かがみになって挨拶されれば、よい感じになります。
これを蔽樹に応用すれはよいのです。
少し具体的にいうと、ボンサイの根元から立ち上がりにかけて、少しだけ内側にシャクレた感じのところが、よい正面の基本となります。
反対に出っ張ったところを正面にしてしまうと、見るたびに抗議されているようで、不愉快になります。
根元から幹の上まで曲がったものは,出っ張りのないところを正面として幹の曲がりを楽しむのです。

お好み  TOPへ > 戻る