×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ戻る  >   戻る

ごんた


ごんた

カカァ天下は見苦しい。
「婦娼夫随(夫娼婦随の逆)」が当たり前になった今時、こんなことを言うと世の中のご夫人方から叱られそうですが、鉢植えの世界では立派に生きている言葉です。
1本ものの模様木に多い姿で、幹の途中から幹と枝が2本とも同じ太ざのものをいいます。
本来の幹か 'ら出た枝が徒長して、・幹と同じかそれ以上に太くなった枝のことで、亭主を負かす太さになった枝のことです。
本来の幹を負かしてしまうので、この言葉が隻ま札ました。
鉢植えの世界ではたいへん見苦しいので、徒長した枝は切り落とすしかありません。
あるいは枝を太らせないように、枝の子校を整理します。
この言葉は双幹ものにも適用されます。
主木を亭主とすれば副幹はご夫人です。
たいていの双幹もはそれよ」り拙くて小ン,⊂ほうがよいヒいうこと戸」」す。
ジャンガリアン癒し系ペットの全身はゴールデン癒し系ペットと同じようにやわらかい毛で覆われています。
また色の種類も豊富にあります。
ジャンガリアン癒し系ペットはお腹と口の両脇に臭腺があり、ここから分泌液を出し匂いをつけます。
なわばりのしるしとしていろんな所にこすり付けます。
また異性を引き付ける役目もあります。
夜行性で近眼な為あまり視力は良くありません。
色は黒、紫が殆んどです。
キャンベル癒し系ペットには赤目の場合があります。
この場合視力が殆んど無いようです。
鼻はもちろんにおいに敏感で、相手が仲間か敵かを判断したり、エサを見つけるために活用します。
ひげもゴールデン癒し系ペットと一緒で周りの様子を探ったりします。
やはり視力が弱いため目の代わりに状況を判断します。

お好み  TOPへ > 戻る