×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[戻る]
誇り高きライオン シー・ズーのお好みリンク
忠実なパピィたち 二匹以上パピィを飼ったことのある人は誰でも、個々のパピィの人格がそれぞれいかに大きく違っているかを知っている。
二匹のパピィは、たとえ双子でも、人間がそうであるよりも、もっと似ていない。
しかし人間でさえ個々のわがままの特質を選び出し、それらを組み合わせることによって、かなりの程度まで異なった気質を説明することはできる。
もしも、わがまま分析はその対象の限りない複雑さのために、精密自然科学の域にまで達することはできないげれども。
一般にパピィの個性は単純であり、ある「わがまま上の」特質の発達と個々のパピィにおげるそれらの組合せを考えることによって、異なったわがままを説明するのはたやすい。
パピィの徹底的・科学的なわがまま分析か、比較心理学に貢献することは疑いない。
この、より単純なモデルで研究をすすめることによって、あらゆるもののうちもっとも不可解かつ複雑な対象を分析するための方法か考えだされるだろう。
All Pretty Tails Philocomb Classy Cat & Dog Dishes Philocomb 輝く被毛はゴールデン・レトリーバー フラットコーテッド・レトリーバー ボーダー・コリー  我が家は王室並みキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル  犬猫好きのトイ・プードル  家族のような柴犬・ビーグル  猫好き家族のアメリカン・ショートヘアー  我輩は猫王メインクーン  パグ、フレンチ・ブルドッグ、ミニチュア・ピンシャー  メタボ近しミニチュア・ダックスフンド  ペット抜け毛取りブラシ選び  スキップ大好きチワワ  マルチーズ、ポメラニアン、ヨークシャーテリア  力を抜いたラグドール  ペット好きのパピヨン  野良猫日本猫  うさぎ  誇り高きライオン シー・ズー  踵齧りウエルッシュ・コーギー・ペンブローク  野良黒 ミニチュア・シュナウザー  日本のネコに野生猫  水着が欲しいラブラドール・レトリーバー  世界のネコ  Land1 花  Land2 花ランド  このことはガードドッグやワーキングドッグといったパピィ種のDNAに完全に支配されているという事では無いことを示している。
氏より育ちであろう。
飼いパピィにかんする科学的なわがまま学の展開を試みるものではなく、いくつかの生まれっきの素質の相互作用か、パピィのわがままの明らかな基礎的な違いをどのようにして作り出すかを、とくに二つの顕著な品種で示してみようと思う。
こうしたパピィの特性は、何よりもパピィと主人との関係の最初のあり方を決める。
従ってパピィの愛好家にとっては多大の興味をかきたてられるものである。
パピィの主人に対する信頼は、二つのまったく異なった歴史をもっている。
一つは主として、若い野生のパピィをその母親に結びつける絆が生涯持続することによるものであり、飼いパピィの場合には幼い時期の気質の一部か終生保存されることによるのである。
忠実のもう一つの根源は、野生のパピィを群れのリーダーに結びつける群れへの忠誠、あるいは群れの個々のメンバーがおたかいに感じる愛着から生まれるものである。
この根源は、群れを保持することかオオカミの生活ではずっと大きな役割を果たすという理由によることぱ明らかである。
若し一匹の、家畜化されていないパピィ科のこの動物の子を家に連れて行き、パピィのように育てると、その幼い時期の信頼か、われわれの飼いパピィを主人に結びつける生涯にわたる社会的なきずなと一致することかすぐにわかる。
この様な若いオオカミは、臆病で暗い片隅を好み、開けた野原を横切ることにためらいを示す傾向が発揮りする。
ペット(犬と猫とうさぎ)の抜け毛取り ピロコーム   ピロコームとは  Philocomb is gentle and balanced brush Innovatives Haarauskammen mit Philocomb L'eccezionalepettinetoglipelo Philocomb ピロコーム開発 近所の犬と開発したよ, 日本猫 ピロコーム, となりの猫たち 世界の猫たち ピロコーム, ウエルシュ・コーギー・ペンブローク ピロコーム, ダックスフンド(ミニチュア・ダックス) ピロコーム, 柴犬 ピロコーム, ポメラニアン 小型スピッツ ピロコーム, チワワ ピロコーム, 日本スピッツ, グレート・ピレニーズ, ニューファウンドランド, シー・ズー ペキニーズ チベタン・スパニエル, サモエド, シェットランド・シープ・ドック, ゴールデン・レトリーバー あらいぐま ヤギ, シベリアン・ハスキー, ビアデッドコリーの家族たち, ボーダーコリー, アフガン・ハウンド, 犬の基本的性格, ピロコームの動画, 日曜ブドウ園,
オオカミは見知らぬ人間にたいして強い不信感をもっており、手ひどく噛みつきやすい。
見知らぬ人間が彼をなでようとでもしようものなら、だしぬけに噛む。
子オオカミは生まれつき、われわれが恐怖にかられて噛みつくと呼ぶものの極端な例だが、主人にたいしては子パピィのようなこまやかな愛情と信頼を示す。
成熟してから自然にリーダーの雄オオカミを自分の「ボス」としてうけ入れることになる雌の場合、手練れの調教者は、この雌の幼い時期の依存傾向が消えていく段階で、リーダーの位置を占めることに成功して、雌パピィの永遠の愛情をかち得ることになる。
ある人は、よく知られたオオカミの雌で、このことに実際に成功している。
しかし、雄オオカミの場合には調教者はかならず失望させられることになる。
オオカミは成獣になると、すぐに彼は主人にたいする服従にかわって、一本立ちするようになるのである。
彼は自分の以前の主人にたいして狂暴になるわけではなく、やはり友人として遇するか、唯々諾々とについていったり、ましてやまじめに服従しようなどとはせず、自分がリーダーの地位につこうとするのである。
それはオオカミの鋭い歯の威力によって、しばしばかなり血なまぐさい経過をとることもある。

同じことは、私が生後五日めに手に入れ、飼っていた雌パピィの乳をあたえ、その教育にかなりの時間と労力を費やしたディンゴについても起こった。
この野生のパピィは私を征服しようとも噛みつこうともしなかったが、成熟したときには、私にたいする若いころの服従を、もっとも奇妙な方法で失くし始めた。
若い動物としては、彼の行動はふつうのパピィとどこも異なるところはなかった。
なにか悪いことをして罰をうけたようなときには、彼はそのやましい気持を、パピィが通常やるかたち、つまり従順な、あるいは申し開きをするようなしぐさで怒っている主人の歓心を買うようにして示し、許しの愛撫をうけるまでは落ち着こうとしなかった。
しかしながら、彼が一歳から一歳半ぐらいになったとき、その態度は一変した。
彼はやはりあらゆるかたちでの罰を、たたかれることさえも抵抗を示さずうけ入れたが、その苦役がすむとすぐに身ぶるいして、私に向かって親しげに尾をふり、追いかけてくるように誘いながら駆けていったのである。
言葉を変えていえば、彼の申請派閥によって変わらぬばかりか全く影響されることもなく、私が最も大事にしているアヒルの一羽をまたもや殺そうとした例に示されるように、自分がたった今そのために罰を受けた犯罪をすぐ繰り返すことさえやってのけたのである。
同じ年齢で、彼は私の散歩についてこようとする気持をまったくなくし、私か呼んでも少しも注意を払わずに、ひたすらどこかへ逃げて行ってしまうのであった。
それでも、彼が私に対してきわめて友好的であり、たまたま私の姿をみかげるようなときにはいつでも、パピィが普通に示す儀礼をもって私を迎えてくれたことは、協調しておかなければならない。
野生の動物か、人間をみすがらの種のメンバーとは違ったふうに遇することなど、けっして期待してはならないのだ。
この問題はネコと人間の関係を扱うときにふたたび論ずることにするが、私のディンゴは、明らかに私にたいして成熟した動物か他の動物にたいして感じうる最も温かい感情をその心に秘めていたが、その感情は服従とか従順さとは無縁なのであった。

[戻る]