×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[戻る]
誇り高きライオン シー・ズーのお好みリンク
このパピィは、主人にたいして極端な愛情をみせるが、同じく誰にたいしてもそうするのだ。
私は、このタイプのパピィを、他人にみさかいのない馴れ馴れしさを示して困惑させる、甘やかされた子供と比べてみたものである。
このようなパピィは自分の主人を知らないのではない。
その反対に彼は喜んで主人を迎え、他人にたいする以上に、あふれるばかりの愛情で主人を遇するのだが、その直後には、近づいてくる次の人物に向かって走り去る気持ちになるのである。
全ての人間に対して示すこの見境なしの馴れ馴れしさが病的に残っているよう自制の結果であることは、この種のパピィのあらゆる行動で立証される。
彼等はいつでもふざけすぎるし、生まれてから一年もたつとふつうのパピィなら落ち着いてしまうころにも、主人の靴を噛んだり、カーテンをひっぱってめちゃめちゃにしたりすることをやめないのである。
とりわけ彼らは、ふつうのパピィならば数力月後には健全な自信にとってかわられるべき、奴隷のような従順さをもちつづげる。
すべての見知らぬ人にたいしてはお義理で吠えるだろうが、厳しい口調で呼びかげられると、こびへつらうように仰向けにひっくりかえる。
そして引き綱を手にしている者を、誰でも自分のおそれ多い主人としてうげ入れるのである。
依存心の強すぎるわがままと独立心の強すぎるわがままの間で幸運にも中庸を得たものが、忠実なパピィの理想的なわがままである。
このようなパピィは、一般に考えられるよりは少ないし、普通のパピィの飼い主か思い込んでいるよりも、たしかに、ずっと少ないのである。
All Pretty Tails Philocomb Classy Cat & Dog Dishes Philocomb 輝く被毛はゴールデン・レトリーバー フラットコーテッド・レトリーバー ボーダー・コリー  我が家は王室並みキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル  犬猫好きのトイ・プードル  家族のような柴犬・ビーグル  猫好き家族のアメリカン・ショートヘアー  我輩は猫王メインクーン  パグ、フレンチ・ブルドッグ、ミニチュア・ピンシャー  メタボ近しミニチュア・ダックスフンド  ペット抜け毛取りブラシ選び  スキップ大好きチワワ  マルチーズ、ポメラニアン、ヨークシャーテリア  力を抜いたラグドール  ペット好きのパピヨン  野良猫日本猫  うさぎ  誇り高きライオン シー・ズー  踵齧りウエルッシュ・コーギー・ペンブローク  野良黒 ミニチュア・シュナウザー  日本のネコに野生猫  水着が欲しいラブラドール・レトリーバー  世界のネコ  Land1 花  Land2 花ランド  ある程度子どもっぽさか保持されていることは、パピィをその主人になつかせ、忠実にさせるために必要だが、同じ人格か少しでも強すぎると、あらゆる人間にたいして同じように従順な尊敬の気持をもって接するように彼を仕向けることになる。
そんなわけで、危害を加える者から本当に主人を守るパピィは比較的少ないのだが、これは彼がその攻撃をなんとも思わないからではなく、彼にとってはどんな人間も尊敬の対象でこそあれ、それを攻撃することなどほとんど思いもよらないからである。
私の小さなフレソチーブルドッグは、本当に怒ってであろうとふざけてであろうと私にたいして手を振り上げる者にたいしては、よしんば家族の者であっても、誰にでも怒ってうなりながら向かっていき、猛然とその攻撃者のスカートやズボンに噛みついて振りまわすのだが、いつの場合にも皮膚まで噛むことは細心に避けた。
私のシェパードもまた、私の議論の相手にすら噛みついたものだか、誰も本当には傷つけなかったし、家の中庭へ物乞いにやってくる浮浪者に対してもそうだった。
そしてその生涯のあいだ、誰にたいしてもひどく噛みつくことは決してなかった。
この二匹の雌パピィか、飼い主の私か本当に攻撃をうけた場合に、どのように振る舞うかはわからない。
しかし雌パピィたちは例のフレンチーブルドッグよりはずっと賢かったので、まねごとの攻撃には決していきり立つことはなく、ただ私に感情を害したような一瞥をくれて立ち去るだけであった。
従って私は、本当の攻撃をも同様にみきわめ、それに応じた処置を取るに違いないと考えるようになった。
その血管に多かれ少なかれオオカミの血が流れている血統のパピィの忠実は、主としてジャッカルの血をひいていると思われる中央ヨーロッパ産のパピィのそれとは非常に異なっている。
人間が北極圏に居住をはじめホッキョクオオカミと接するようになったころに、すでにジャッカル系のパピィを伴っていたことについては、それを信ずるに足る十分な理由がある。
オオカミと北欧人か飼っていたジャッカルの血をひく飼いパピィの交配は、明らかに比較的新しく、ジャッカルか最初に家畜化されたのよりも、たしかにずっと遅れて行なわれたのである。
オオカミは強いし耐久力もあるので、パピィの血統のなかにできるだけ多くのオオカミの血を入れることは、たしかに望ましいことであった。
生まれながらの動物飼育者で、御しにくいパピィの扱いに熟達している北極圏の男たちにとって、この交配の結果生まれた種を扱うことには、たいした面倒もなかったことだろう。
この強力な、比較的新しく行なわれたオオカミの血との混合の直接の結果、家畜化の印、とくに子どもっぽさの残存は、オオカミの血統をひくパピィの場合、中央ヨーロッパ産のパピィよりもはるかに目立たたない。
むしろこの特性としては、オオカミ特有の人格に由来する、まったく異なったタイプの依存的人格があらわれている。
すなわち、ジャッカルが主として屍肉獣であるのにたいして、オオカミはほとんど純粋に捕食獣であり、極寒期にみずからの生命を保つ唯一の食糧である大きな動物を殺すのに、仲間の助けにたよる必要かあるのだ。
ペット(犬と猫とうさぎ)の抜け毛取り ピロコーム   ピロコームとは  Philocomb is gentle and balanced brush Innovatives Haarauskammen mit Philocomb L'eccezionalepettinetoglipelo Philocomb ピロコーム開発 近所の犬と開発したよ, 日本猫 ピロコーム, となりの猫たち 世界の猫たち ピロコーム, ウエルシュ・コーギー・ペンブローク ピロコーム, ダックスフンド(ミニチュア・ダックス) ピロコーム, 柴犬 ピロコーム, ポメラニアン 小型スピッツ ピロコーム, チワワ ピロコーム, 日本スピッツ, グレート・ピレニーズ, ニューファウンドランド, シー・ズー ペキニーズ チベタン・スパニエル, サモエド, シェットランド・シープ・ドック, ゴールデン・レトリーバー あらいぐま ヤギ, シベリアン・ハスキー, ビアデッドコリーの家族たち, ボーダーコリー, アフガン・ハウンド, 犬の基本的性格, ピロコームの動画, 日曜ブドウ園,
群れを成す以上不可避である多大な食糧需要に応えるため、オオカミたちは非常に広範囲にわたって走りまわらざるをえないし、大きな獣を攻撃するときにはお互いにしっかりと助けあわなければならない。
厳しい社会的な組織、群れのリーダーにたいする真の忠誠とメンバー相互の完全な協力は、種の生存をかげての厳しいたたかいに勝らぬく条件なのである。
オオカミのこうした特性は、ジャッカルとオオカミ系のパピィの気質にみられる非常に顕著な相違を疑問の余地なく説明するものであり、それはパピィを本当に理解している人間にはおのずと明らかである。
前者が自分の主人を親として遇するのにたいし、後者は飼い主を群れのリーダーの位置に置いて見るのであり、従って彼らの行動は異なった形をとるのである。
子どもっぽいジャッカル系のパピィの従順を持たぬかわりに、オオカミ系のパピィの場合、従順さや服従をあまりしない、誇り高いオオカミ系のパピィの主人にたいする忠実は、ジヤッカル系のパピィの忠実よりもはるかに強い。
オオカミ系のパピィは、自分の主人を父と神の中間の存在に祭り上げてしまう。
彼らは主人を仲間として扱うか、彼を主人に結びつけるきずなは非常に強く、他の人間にそれが移されることは非常に少ない。
ある人物にたいするこの独特の結びつきは、若いオオカミ系のパピィにおいては特異な方向で発展する。
ここには親にたいする子どもっぽい依存状態から群れのリーダーにたいする成獣の服従への明らかな変遷がみられるが、これはその若いパピィが自分の属する種の動物とまったく接触しない場合にも起こるし、「親」と「群れのリーダー」が同一人物である場合にも起こるのである。
この現象は、思春期になった若者が家族や昔ながらのしきたりに背を向け、新しい理想をいだくのに似ている。
もっとも感受性の強いこの時期に、素晴らしい未来が有ることを教え注意してやろうではないか。
[戻る]