×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ  >   戻る

この花なんのはな


この花なんのはな

どんな理由からかは、まったくわからないが、キリスト教会はクジャクをキリストの肉体の復活の象徴と見なしている。
けれども、このいわれをもってしても、フランク王国の支配者たちに、この鳥を食べることをやめさせられなかった。
ブルゴーニュのカール王は・ブルボン王家のイサペラとの結婚の鍵麟難に、毎日一〇〇羽のむし焼きにしたクジャクを、まる一週間にわたって食卓に出し続けた。
若鳥さえも殺されて、装飾用に羽をつけたままで食卓に運ばれた。
仏のクジャクの数は、この大量殺りくのあと、ついぞ回復することはなかった。
さらに流行は変わって、近代の幕開きとともに、クジャクは権力者たちのメニューからほとんど完全に姿を消した。
その代わり、より安価ではあるが、同じようにおいしいキジが登場してきた。
また、オスは発情すると飛びシッコ等をすることがある。
やんちゃ度もますので、それがあまりにひどい場合は去勢するという手もあるが、手術に関しては慎重に判断してあげてください。

お好み  TOPへ > 戻る
旅行あれやこれや  輝く被毛はゴールデン・レトリーバー フラットコーテッド・レトリーバー ボーダー・コリー  我が家は王室並みキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル  美しき縫ぐるみ ネザーランドドワーフ  耳垂れうさぎのホーランドロップ  小さな狩猟家ジャック・ラッセル・テリア  ライオンヘッドラビット  犬猫好きのトイ・プードル  家族のような柴犬・ビーグル  猫好き家族のアメリカン・ショートヘアー  我輩は猫王メインクーン  パグ、フレンチ・ブルドッグ、ミニチュア・ピンシャー  メタボ近しミニチュア・ダックスフンド  ペット抜け毛取りブラシ選び  スキップ大好きチワワ  マルチーズ、ポメラニアン、ヨークシャーテリア  力を抜いたラグドール  ペット好きのパピヨン  野良猫日本猫  うさぎ  誇り高きライオン シー・ズー  踵齧りウエルッシュ・コーギー・ペンブローク  野良黒 ミニチュア・シュナウザー  日本のネコに野生猫  水着が欲しいラブラドール・レトリーバー  世界のネコ 
犬猫うさぎの抜け毛ブラシ ピロコーム   ペット用ブラシ抜け毛取りピロコーム  ピロコームの専門店向け卸し  ピロコームの詳細説明  被毛の手入れとキューティクルの写真  ピロコーム使ったひとの生の声  アフガン・ハウンド  ウエルッシュコーギーペンブローク  ダックスフンド  ボーダーコリー一家 柴 犬  ポメラニアン  ビアディー一家 チワワ  日本スピッツ  シベリアンハスキー  グレート・ピレニーズ ニューファンドランド  ゴールデン・レトリーバー  シー・ズー.ペキニーズ.チベタン・スパニエル
シェルティー  サモエド一家
frt1やんぐアフガンです  frt2 犬と健康  frt3 花に囲まれて  Land1 花  Land2 花ランド  nazca1 子犬黒猫好き  only11 子犬黒猫好き  Tk1 路傍の糞  Tk2 蕎麦好きのおっちゃん   Tk3 柿つつきです   Tk4 ンコ拾い隊  Tk5 花