×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[戻る]
誇り高きライオン シー・ズーのお好みリンク
そして、たれた耳は文字どおり床を掃いた。
彼は感動的なほどに人なつこい人格の持ち主で、はじめて会ったとき、長いこと別れ別れになっていた主人を迎えるパピィのように私を迎えたのである。
もちろん私は、彼が誰でも同じような態度で迎えることがはっきりわかるまでは、自尊心をくすぐられた。
彼は全人類におよぶ圧倒的な人類愛の精神にとりつかれていたのだった。
彼は誰に向かっても決して吠えなかったし、私の家族と私を恐らくは好いていたにもかかわらず、たまたま私たちが手近なところにいないときには、平気で見知らぬ人間についていってしまうのであった。
年をとっても彼は変わらず、私と家族の者は、いつになっても、彼が訪問したさきのいろいろの家から、彼を連れ戻さなげればならなかった。
あげくの果てに、素敵なパピィに心を惹かれやすい私の従姉か、自宅に連れていって一緒に住むことになった。
この騒々しい郊外で、彼は見境なしの無軌道な生活をつづけている。
彼は長短さまざまの期間にわたって、それぞれ違ったいろいろの家族といっしょに暮らし、ときどきは誘拐されて、盗まれたパピィであるとも知らず、彼の献身的な愛情に魅せられた人に売りつけられた。
ときどき彼を盗んでは売りつけていささかの生計の足しにしたのは、このパピィの癖をよく知っている同じ泥棒だったかもしれない。
このダックスフンドと正反対なのは、現在我が家にいる二匹の飼いパピィである。
彼は典型的に子どもっぽさをもたない、完全に独立したオオカミ系のパピィで、誰にも服従しない。
事実、彼は自分を私の家族という群れのリーダーだと考えているのだ。
彼のわがままはその奇妙な生い立ちに由来している。
ペット(犬と猫とうさぎ)の抜け毛取り ピロコーム   ピロコームとは  Philocomb is gentle and balanced brush Innovatives Haarauskammen mit Philocomb L'eccezionalepettinetoglipelo Philocomb ピロコーム開発 近所の犬と開発したよ, 日本猫 ピロコーム, となりの猫たち 世界の猫たち ピロコーム, ウエルシュ・コーギー・ペンブローク ピロコーム, ダックスフンド(ミニチュア・ダックス) ピロコーム, 柴犬 ピロコーム, ポメラニアン 小型スピッツ ピロコーム, チワワ ピロコーム, 日本スピッツ, グレート・ピレニーズ, ニューファウンドランド, シー・ズー ペキニーズ チベタン・スパニエル, サモエド, シェットランド・シープ・ドック, ゴールデン・レトリーバー あらいぐま ヤギ, シベリアン・ハスキー, ビアデッドコリーの家族たち, ボーダーコリー, アフガン・ハウンド, 犬の基本的性格, ピロコームの動画, 日曜ブドウ園,
オオカミ系のパピィが、良かれ悪しかれ一人の人間に自分を結びつけるようになる感受性の強い時期は、一般的にその生涯でかなり早く、生後五ヵ月前後のことである。
私はかつて、この事実にたいして無知であったために、かなり高価な償いをさせられた。
私たちが最初に飼ったチャウチャウ大の雌は、私の妻のバースディープレゼソトとして贈られたものである。
驚かしてやろうと思って、私はそのとき六ヵ月足らずだったその子パピィを誕生日の前一週間ほど従姉にあずかってもらったのである。
嘘だと思うかもしれないが、七日間というのは、この子パピィにとってその変わることのない愛情を従姉に結びつけるに十分だった。
そのために良かれと思ってしたことか、バースデイープレゼントの価値を減ずるという事態をもたらしたのである。
従姉が私の家を訪れるのは全くまれであったが、それでもこの気むずかしいチャウチャウのちびは、私の妻ではなしに、明らかに従姉を自分の正当な主人とみなしていた。
確かにこの雌パピィは次第に私の妻を好くようになったけれども、もし生まれたパピィ屋からまっすぐに私の家へ連れてきたら、疑いもなくもっと良くなついていたに違いない。
私の家に来て何年か経った後でさえも、雌パピィは私たちのもとを離れて自分の最初の飼い主のところへいく気持をもっているようなのである。
All Pretty Tails Philocomb Classy Cat & Dog Dishes Philocomb 輝く被毛はゴールデン・レトリーバー フラットコーテッド・レトリーバー ボーダー・コリー  我が家は王室並みキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル  犬猫好きのトイ・プードル  家族のような柴犬・ビーグル  猫好き家族のアメリカン・ショートヘアー  我輩は猫王メインクーン  パグ、フレンチ・ブルドッグ、ミニチュア・ピンシャー  メタボ近しミニチュア・ダックスフンド  ペット抜け毛取りブラシ選び  スキップ大好きチワワ  マルチーズ、ポメラニアン、ヨークシャーテリア  力を抜いたラグドール  ペット好きのパピヨン  野良猫日本猫  うさぎ  誇り高きライオン シー・ズー  踵齧りウエルッシュ・コーギー・ペンブローク  野良黒 ミニチュア・シュナウザー  日本のネコに野生猫  水着が欲しいラブラドール・レトリーバー  世界のネコ  Land1 花  Land2 花ランド  こうしたパピィが主人を選ぶ時期が、時に注意されぬままに過ぎていってしまうことがある。
おそらくそれは、そのパピィがあまりにも長いことパピィ屋で暮らしたためであろうし、あるいはなんらかの理由で適当な主人を見つける機会を持たなかったからであろう。
どちらの場合にも、奇妙な、そして極めて独立精神の旺盛なパピィのわがままが形成されることになるか、それが現れているのである。
彼は食糧が非常に不足しているときに生まれた。
妻はパピィを、間近に迫った私へのプレゼントにしようと考えていた。
不幸なことに、私が非常に遅れ、パピィはその感じやすい時期に自分を結びつけるべき人間を誰も持たなかったのだ。
彼には同腹のパピィがいたが、それは隣の村に住み、熱烈なパピィ好きでチャウチャウ大の飼育に巧みな居酒屋の主人に今でも飼われている。
パピィが贅沢な新しい家にいる妹を発見し、自分でそこに押し掛けていくまでにはそう時間はか駆らなかった。
それは彼が生後七ヵ月の頃の事であった。
同時に、その特色ともいうべき人もなげな態度の魅力で、彼は少なくとも近所の二軒の家にさらに自分の居場所を作っていたのである。
そこで、一時期には、立派なパピィの持ち主であることを自慢できる家族が四つあったというわけだ。
このようにして、彼が十八ヵ月の年齢に達した年に、やっと私が帰国した。
巧妙かつ細心の努力を払って、私はなんとか彼の信頼を掴むことに成功し、彼はかなり長い散歩にも自分から私に付いてくるようになった。
もっとも、彼が何か他のものに興味をひかれた場合に、突然私を置いてきぼりにしないという自信は持ちかねるか。
彼をぴったり私に付いてくるようにさせる唯一の方法は、私の自転車を追って付いてくる道のりをだんだん長くすることであった。
[戻る]